iPhoneでMacやPCとテザリングする時はDropboxにご注意!

By | 2013年3月2日
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dropbox…使っていますか?
また、iPhoneにて…テザリングは利用されていますでしょうか?

僕はどちらも利用していますし、無くてはならない存在となっていますが、昨日少しハマりかけたところがあったので忘れない為にもここに残しておこうと思います。

Dropboxの特性上「同期」を強く意識させないからこそこういう事が起きちゃいますね(^_^;)

特にUSB接続の際には要注意です!

USBを接続出来るだけで手軽に出来るテザリングですが…これが意外に盲点だったります。なぜならDropboxのカメラアップロードを有効にしていると、USB接続時に自動で大量の写真をインポートし、アップロードをはじめてしまいます。

もしくは大きなファイルを同期している場合にもバックグラウンドで動作し、ダウンロード/アップロードするために、意外に通信量が多くなりやすいためです。

便利といえば、便利ですが、意外な盲点にもなりえます。
そして、テザリングには7GBという上限があり、更に3日間で1GBの通信量という上限があるのでこれは超えないように注意したいところです。

しかしながら、回避策ももちろんあります。
それは、「同期の一時停止」をすることです。

Dropboxの場合、同期を一時停止するのは簡単です。

Dropboxの同期一時停止

①まず、上のタスクバーに並んでいるDropboxアイコンからメニューを開きます。
②同期の一時停止を選択します。

たったこれだけでOKです。結構気が付かずにいる事も多いのではないでしょうか?しかし、制限を超えてから「やってしまった」とならないように、意識していきたいところであります。

僕はこれで、気付かないうちに大きなサイズのファイルを同期されてしまい、制限に引っかかるんじゃないかとヒヤヒヤしてます^^;

最後に

そうは言っても大きなファイルを取り扱わないのであれば、大した通信量にはならないはずなのでそこまで神経質になる必要もないと思います!

Pocket

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

SNS・RSS(Feedly)でも情報発信しています!

気に入った方はフォローや購読をしていただけると更新する励みになります(*^^)v

Twitter Facebook follow us in feedly